病院の廊下
News
病院の廊下

昨年から新聞等で大きな話題になっている腹腔内手術です。
某国立大学と、某がんセンター病院で発覚しており、今までに10名以上の患者さんが亡くなっています。
経験は長いけど、自分の技術を過信しすぎた結果がこのような参事を招き、国内では死亡例がもっとも多い医療事故として挙げられました。
現在でも調査中です。
この手術は高度な技術ですので、どのように未然に防ぐかは、各医療機関で問われます。

2000年に入ってからの事故としては、手術をする際、別の患者さんと知らずにおこなったことです。
これも某国立大学での話です。
看護師や麻酔科医、執刀医らが名前と顔の一致確認をしていなかったのが原因です。
たまたま苗字が同じで同時刻に別の患者さんは別の手術室にいたのです。
まさか別の患者さんが手術室にいるということは想定していなかったようです。
この医療事故を機に、顔と名前が一致するようにしっかり確認作業をする取組みが徹底されるようになりました。

抗がん剤の多量投与による死亡事故が年に1回ほどあります。
1回1mL投与するべきところを間違って1回10mLといった10倍量を投与したことで死亡事故が発生しています。
これは看護師が指示書を誤まって読んだ事例です。
抗がん剤ですので、量を少しでも多くしてしまうと、心不全に陥りやすいため非常に危険です。
これを機に、抗がん剤を専門に扱う、がん専門薬剤師という制度が導入されました。

医療事故がなぜ起こったのか、原因をさぐることで教訓にして次に生かしていかなければなりません。
医療機関側の信頼性や技術は必要ですが、もっと大切なことは安心安全な医療なのです。
医学の進歩はすさまじいものがあります。
医療人一人ひとりが勉強をし、人間性を常に磨いていなければなりません。