病院の廊下
  • ホーム
  • 食べすぎ?病気のサイン?つらい胃痛の原因を探る!

食べすぎ?病気のサイン?つらい胃痛の原因を探る!

胃痛が起こる原因はいろいろありますが、医療機関を受診するほどでもない、理由もわかっているものならば安静にしましょう。
医療機関へかかるほどでもないのは、たんに食べ過ぎでの胃痛です。
調子に乗って美味しくて何かを食べ過ぎて、軽い胃痛を感じる時は、とにかく横になって休みましょう。
そのうちに眠くなって寝てしまいますから、目覚めるころには、だいぶ楽になっているでしょう。
食べ過ぎは体に負担をかけますから、これに懲りたら腹八分目を心がけることです。

お腹がすいて胃痛を起こす時も医療機関にかかることはないですが、空腹感が強いとドカ食いをしやすいです。
消化の良いものを少々食べて、ある程度お腹を満たしてから、しっかりした固形物を食べたほうが、胃にも負担はかかりません。

胃痛にもいろいろ原因はありますが、過度の飲酒で胃粘膜が荒らされると、みぞおちあたりの痛む急性胃炎になります。
ストレスを抱えている場合は、胃の痛みだけではなく、胃もたれを起こしやすくなったり、吐き気を伴うこともあります。
注意するべきは本格的な胃の病気であり、強い痛みを感じる時には病院へ行きましょう。
胃痛を通り越して、慢性胃炎や胃がんなど、可能性はないとは言えないためです。

健康管理をする上でも、過剰な糖分の摂取は控えるべきでしょう。
特に女性は糖分たっぷりの食品が大好きであり、甘いお菓子やスナック菓子、チョコレートなどを頻繁につまんでいます。
糖分はほどほどであれば害もないのですが、たくさん摂取することで、体内の健康のコントロールは乱れます。
砂糖類は強い依存性がありますから、食べ続けるとやめられなくなります。
過剰な糖分の摂取は、精神的にも不安定になるので要注意です。